毎日がココロぽかぽかインコ日和
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ♪♪♪ | main | 痛い洗濯 >>
なかよし


我が家に迎えてから約一ヶ月。
だいぶ落ち着き、馴れてきた様子のPちゃん。

ひな鳥から幼鳥に成るまで我が家で育ち
その後、両親のところで暮らしはじめる中、
小鳥の病院へ長期入院。後に我が家で約3ヶ月療養し

再び両親のもとへ戻った矢先に再び入院。。。
そして今回の退院後から我が家で暮らしはじめたPちゃん。

振り返ってみれば、、、
この二年弱、いろいろな環境下で生活をさせてしまった。。。
そんなこともあったせいか、Pちゃんは、

とても臆病。
少し大きな物音や大きな物陰に驚き、少々パニック気味に。
あまりにも大きなリアクションをするものだから
怪我をしないかと、こちらまでドキドキしてしまいます。


ひとりでいるのもちょっぴり苦手。
Qちゃんや私たちの気配を常に感じていたいようで
声が聞こえなかったり姿が見えないと呼び鳴きをします。

そしてかなり用心深い。
最初の頃の放鳥時、上手に飛び出すものの行き先には着地ぜず、
自分のゲージか私たちの肩や手以外には絶対に止まらなかった。
そんな日々が数週間続き、どうしたものかと心配もしたけれど、、、
このところようやく、床やテーブルで遊べるようになったり、
だれもいない所に飛んで行っては、戻って来れるようにもなりました。
とは言えどこにも寄り道をせずのとんぼ返りなんですがね。。。

そんなPちゃんも、
つい最近、私がキッチンで菜っ葉を洗ったり切ったりしていると
菜っ葉と一緒に水浴びをしたり、食んだりしてくるようになりました。
これまでだったら私の肩から様子を伺って終わりだったけれど、
ようやく好奇心や欲求を行動に移せるようになったようです。

そしてうれしいことに、
ひとつひとついろいろなことができるようになると、
少し得意げな顔をして「できたよ〜!がんばったよ〜!」と
私の肩に飛び乗ってきては報告をしてくれます。

Pちゃんと私。
我が家の乙女部は、なかよくやっています。



 
スポンサーサイト
COMMENT